今の仕事に「疑問」を抱いたら・・・「転職」という選択肢

転職関連

こんにちは。

最近は売り手市場という状況とはなっていますが、転職活動はなかなか大変です。今回は「転職という選択肢」のお話です。

「この仕事って自分に合っているんだろうか?」

「人間関係に疲れたな。他の会社も同じなんだろうか?」

「毎日毎日サービス残業。ウチの会社だけなのかな?」

・・・毎日仕事を続けていると、ふと考え込んでしまうことがあります。そんなときは「転職」を考えるタイミングかもしれません。

 

仕事に就くということを考えるときに何を優先するか?

仕事に就くにあたって、何を最優先にするかは各人各様だともいます。人によっては給与や取得休日などの労働条件を最優先する人もいますし、仕事の内容や働き甲斐、働く環境(社風や職場の人間関係など)にそれを求める人もいます。

大切なことは、自分自身の選択基準(上で書いた「何を優先するか」)で評価した場合、現在就いている仕事が、それを満たすかどうかということだと思います。

もし、その辺りを考慮した時に自分自身の基準で見て満足できないものであるなら、転職を視野に入れることは十分にアリだと管理人は考えます。

その上で転職活動をする際はやはり、ご自分が就きたい業種・職種を明確にして臨んだほうが良いでしょう。
取り敢えず、「給料が良さそうだから・・・」「休日が多そうだから・・・」「仕事が楽そうだから・・・」と言う点だけで(もちろん、十分に考えた末の優先順位なら問題ないのですが)、転職先を決めてしまうのは良くないと思います。

では、どのようにして転職先を探すのでしょうか?

ハロワの活用

まず、転職に限らず、退職しての仕事探しには「ハロワ(ハローワーク)」が思いつきますよね。

ハローワークの主な役目は、求職者を対象とした求人情報の紹介・仲介です。このハローワークは各自治体に設置されており、正社員からアルバイトまで、様々な求人が集められています。

ハローワークの利用方法は簡単です。受付で求職申込書に次のような情報を記入し、登録してもらいます。

  • 氏名や住所などの個人情報
  • 学歴
  • 職歴
  • 保有資格
  • 希望する求人条件(職種・給与・勤務地など)

登録が完了したら、ハローワークに設置されたパソコンで自分の条件に合った求人情報を検索。自分が就きたいと思える仕事を探しましょう。

 転職のためにハローワークを利用するメリットの一つには、多様な職業訓練を無料で受講でき、転職活動に重要なスキルを身につけられることです。
また、条件によっては、失業保険や再就職手当、就業手当などの各種手当てがあり、手厚く保護がうけられます。ハローワークでは自分のスキルを磨き、転職を成功に近づけられます。

手っ取り早く転職先を探すのなら、ハローワークがオススメです。

 

転職サイトの利用

残念ながら、現実的には院卒や第二新卒の場合や30代以降の年齢層では、労働条件が厳しいところが多いのは事実ですので、やはり根気よく条件の良いところを探すのが、結局のところ、オーソドックスかつ効率的な就活だと思います。

その際には様々なサポートが受けられるのが強みでしょうから、ハローワク以外に転職先を探すには、転職サイトに登録するのも一つの方法です。

ここでいうサポートには業界や職種等について詳しいアドバイザーが転職希望者へのカウンセリングを受けたり、転職にあたっての悩み等の相談に乗ってもらえるということを含みます。

そういうメリットを考慮すれば、登録しておいても損はないかと思います。

また、企業からすれば広告掲載料を支払い、なおかつ就職が決まれば、転職サイトに成功報酬が支払います。転職サイトにかなりの費用をかけて、転職希望者を採用しているわけです。

 そんな転職サイトを利用すると、履歴書の書き方から面接指導、求人のマッチングなど、よい人材を企業に就職させようとありとあらゆるサービスを提供してくれます。当然、労働者の側でも細かいサービスの提供を受けられます。転職に向けて積極的に動けると、もちろん成功率も高くなるでしょう。

もし転職を視野にいれておられるのなら、転職サイトの活用もご検討されると良いでしょう。

なお、転職先(業種や職種)に特化したサイトを選ぶことが重要ですので、ご自分が希望する先を決めて、その業種や職種に強いサイトを探すことが成功の秘訣ですね 。

以下は各ジャンルでのおすすめサイトです。

「第二新卒」や「既卒」、「フリーター」で20代を中心に広く転職先を探すサイトはこちら

看護師の転職先を探すサイトはこちら

薬剤師の転職のご相談はこちら

保育士の転職のご相談はこちら

介護関連の転職のご相談はこちら

・・・というわけで「転職という選択肢」のお話でした。

では、また。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました